セルフ脱毛でケガしちゃった!! 早いうちに病院に行きましょう!!

セルフ脱毛は、自宅で好きな時にいつでもできるのがメリットです。

最近では簡単に自宅でも脱毛できる機械が売っているので、サロンや病院に行かなくても脱毛をすることができます。

しかし、セルフ脱毛には危険がたくさんあり取り返しのつかないトラブルを引き起こすことがあります。
よくあるのが、カミソリで誤って肌を傷つけてしまうトラブルです。

ちょっとした肌の凹凸にカミソリの刃が引っかかってしまったり、手元が狂い横滑りし肌を傷つけてしまうことがあります。

特に手の届きにくい場所は注意が必要です。万が一、傷ができたら洗うことが大切です。

その後、傷薬を塗ることをおすすめします。

またカミソリや毛抜きでのセルフ脱毛を続けていると、毛穴を傷つけてしまう恐れがあります。

ヒリヒリしたり赤くなったりした場合は、オロナインなどの軟膏を丁寧に塗ることで炎症を抑えることができます。

軟膏を塗っても赤みがあったり、痒みなどの症状があるときは皮膚炎の可能性もあります。

できるだけ早く病院に行きましょう。
肌に傷があったり、炎症を起こしている場合はセルフ脱毛は避けることが大切です。

無理やりセルフ脱毛を続けると、埋没毛や色素沈着などの肌トラブルの原因になってしまいます。

一度トラブルを引き起こすと、セルフ脱毛を続けている限り完治することはありません。

肌トラブルを避けるには、脱毛するのが一番安全で効果的です。

Facebookからコメントする

comments