今話題の3種の水でスキンケア

皮膚は、表皮、真皮、皮下組織という3つの層から成り立っていますが、スキンケアでポイントとなるのは、表皮と真皮のケアです。

表皮と真皮の働きはそれぞれ異なりますが、互いに関係していますので、両方に働きかけるスキンケアをすることが大切です。

 

 

表皮の一番上にある角層には、細胞と細胞がレンガ状に重なり合い、その間をセラミドが埋めています。

セラミドは角層の水分を保つ役割があるので、セラミドが十分にあれば、肌は潤いを保つことができます。

 

 

そして、表皮の下にある真皮は、肌の弾力やハリを保つ役割があります。

真皮に含まれる主な成分であるコラーゲンは、真皮の中で網の目のように張り巡らされていて、肌に弾力をもたらしています。

 

 

そして、その網目状のすき間を埋めるように存在しているのが、ヒアルロン酸で、水分を蓄える働きがあります。

つまり、コラーゲンとヒアルロン酸が十分にあれば、ふっくらとした若々しい肌を保つことができます。

 

 

セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸は年齢とともに減少し、シワやたるみの原因となるので、これらの成分が含まれる化粧品を選んでエイジングケア対策をしましょう。

Facebookからコメントする

comments