冬に猛威を振るう紫外線にご注意を!

じりじりと暑い日差しが気になる春先から夏にかけてだけ、紫外線対策をするという人は意外と多いのではないでしょうか。
日焼け止めや美白化粧品は乾燥を招き、乾燥しやすいということもあり、秋や冬には使っていないという人も多くみられます。
しかし冬は夏と同じ、もしくはそれ以上に注意が必要なのです。

 

日焼けをして黒くなったり、シミなどの原因となる紫外線は、確かに夏の方が多いといえます。

しかし冬であっても長時間外にいれば、確実に影響を受けることになります。
また冬に気になるのが乾燥です。

 

乾燥により、肌のバリア機能が低下してしまい、夏よりも影響を受けやすくなっているのです。
紫外線には水分の蒸発を促進する働きがあるため、肌が乾燥した状態で紫外線を浴びると、余計に肌が乾燥することにつながってしまうのです。

 

冬の紫外線対策の方法としては、なによりも乾燥させないことが大切です。

保湿効果のあるスキンケアや化粧品を使うと効果的です。
また外出しないからと油断していると、知らない間に洗濯物を干す時などに影響を受けていることもあります。
冬の間でも、日焼け止めは忘れずに塗るようにしましょう。

Facebookからコメントする

comments