埋没毛が出来るメカニズムとは

こんにちは、北堀江の脱毛サロン lapis-luceです。

カミソリや毛抜きなどを使って

自分で行う脱毛を自己処理といいます。

自己処理は費用がかからないので、

手軽に行うことができる一方、デメリットもあります。

自己処理のデメリットはなんといっても埋没毛です。

埋没毛は、ムダ毛処理をした時などに毛穴にキズでき、

そのキズを直そうとキズ通しが癒着することによって、

毛が出られなくなってしまい、

皮膚の下でぐるぐると毛が育ってしまうものです。

埋没毛は外見上良くありませんし、

人によっては痛みや痒みを伴うこともあり、

とても不快なものです。

また、埋没してしまった毛が皮膚を刺激して

炎症を起こしてしまい、なかなか治らないこともあります。

こうした埋没毛を避けるためには、

クリニックなどでレーザー脱毛をすることがあげられます。

クリニックなどの施術を受ける場合は、

自己処理よりも費用がかかってしまいますが、

埋没毛が発生するリスクをおさえることができますし、

脱毛の仕上がりも自己処理とは段違いなものとなります。

今まで全身脱毛に何年かけていましたか?

最新最速脱毛なら脱毛サロン lapis-luce

http://lapis-luce.com/

Facebookからコメントする

comments