女性必見!メイクを落とさずに寝ることのデメリット

残業や飲み会などで帰宅が遅くなり、そのまま寝てしまうこともあるでしょう。

すると鼻や頬にある毛穴に化粧汚れが詰まるのです。ファンデーションに含まれている油分や顔の皮脂が酸化してしまい、過酸化油脂というものに変化します。

 

これは肌に対して刺激物質なので、ニキビなどを作る原因となります。

また、顔ダニが繁殖するといったことも考えられますし、毛穴が広がます。

 

そのような事態を避けるためには、帰宅したらまず洗顔をしましょう。

理想はクレンジングをすることで、部屋着に着替えたら直ちに化粧を落としたいです。中にはぬるま湯だけで洗ってしまう人もいます。

 

ある程度はきれいにできるのではと考えているのでしょうが、それは間違いです。

落とせるのはせいぜいホコリやタバコのヤニ、顔の油くらいです。

 

どうしても疲れていたり、時間がなかったりするのであれば、クレンジングシートを利用するのと良いです。

メイク落としの成分が染み込ませてあるもので、これなら拭き取るだけで済みます。

 

あまり力を入れてこすらないのがコツで、やり過ぎると肌の黒ずみやシミになるからです。

その後はオールインワンクリームでスキンケアをしておけば、メイクを落とさずに寝るよりはずっと肌に優しいです。

Facebookからコメントする

comments