意外と知らない?!脱毛サロンのジェルの役割

実際に脱毛サロンに行ったことがある人や、施術の写真を見たことある人はご存知かと思いますが、施術前に脱毛する箇所にジェルを塗りますよね。
そのジェルは何のために塗っているのかご存知ですか。
理由は大きく分けて2つあり、ジェルで保湿して熱から保護するためと、肌表面を冷やすためです。

 

施術前にジェルを塗って保湿をすることで、マシンが毛根を破壊するために発する熱から肌を保護してくれます。これにより肌へのダメージを極力抑えることができ、痛みも最小限に抑えることができます。
もう1つの理由の肌表面を冷やす冷却効果も、大切な役割を担っています。

 

肌にジェルを塗らずに水分が不足した状態で施術を行った場合、レーザーの熱に肌が負けてしまい、痛みを強く感じたりヤケドしたりしてしまいます。
施術中に保護してくれるのはもちろんのこと、脱毛後の肌荒れを防ぐ効果もあります。
ジェルの要らないタイプの脱毛機もあるのですが、このタイプのものは脱毛機自体に冷却機能が備わっていたり、ジェルの代わりの冷却材で冷やしたりします。

 

これだとジェルを使用しないので、料金が多少安くなりその分時間も短くなるのが最大の魅力ですが、もし十分に肌が冷えていないまま施術を受けると、ヤケドや肌荒れなどのトラブルへと発展してしまう可能性があります。
また、ジェルを塗らない脱毛サロンはジェルを塗るサロンに比べると痛みが強いようです。

 

ジェルはヒヤリと冷たくて、塗るときは多少辛いですが、背術中の痛みはほぼ無いと言って良いでしょう。
体へのストレスを考えると、ジェルを塗るサロンの方は一瞬で冷たく感じるだけなのでオススメです。

Facebookからコメントする

comments