毛穴パックのデメリット

こんにちは、北堀江の脱毛サロン lapis-luceです。

 

毛穴パックは、手軽に黒ずみ対策ができる上に成果が目に見えるので大人気です。
ですが、使用方法を間違えると肌の角質を傷つけてしまうこともあるため、注意が必要です。
毛穴パックは、毛穴を開けて角栓を剥がしとるという方法で黒ずみを撃退しています。

 

パックを剥がしとる時に、あまりに無理矢理剥がそうとすると肌が傷ついてしまうので、優しく剥がすようにしましょう。

パックを濡らして取りやすくするのもおすすめです。
パックが固くなることで剥がしにくくなるので、説明書に記載されているパック時間は必ず守るようにしてください。

 

長くパックをしたからと言って角栓が取れやすくなるわけではありません。

使用頻度にも、注意が必要なのです。
あまりに頻繁に使用すると、時間を守って使用していたとしても肌への刺激となります。
多くとも使用は週に一回程度にしておきましょう。

 

一度目で思わしい効果が出なくとも、何度か使用していくうちに黒ずみは気にならなくなっていきます。

毛穴パックはとても便利な商品です。
ですが、その裏側にはデメリットもあるということを忘れないようにしましょう。

Facebookからコメントする

comments