肌荒れの原因はストレスかも

肌荒れの原因は外的要因と内的要因の2種類に分けられ、それぞれに対処法があります。
内的要因は目には見えないストレスによる影響が大きいもので、あまりにも負荷が大きくなると免疫力の低下を招くことがあります。

 

ストレスは脳に伝わり、自律神経や内分泌系に顕著な影響を与えます。

この刺激が適度なものであれば問題ありませんが、極端になれば自律神経やホルモンの分泌が不安定な状態になってしまいます。
アドレナリンというホルモンが過剰に分泌されると、血液の流れが不安定な状態に変わり、肌の血色が悪くなる可能性があります。
ストレスが影響して交感神経と副交感神経のバランスが悪化して、飲酒や喫煙の量が増えると、肌荒れを改善させることは困難になります。

 

外的要因としては、花粉などのアレルギー物質に加えて、季節の変わり目に気象が激しくなる場合にも発生します。

季節特有のストレスは、長年の経験を積み重ねる中で対処法を見つけることが大切です。
冬には乾燥を防ぎながら、皮膚の潤いを保つことが大切です。
夏には紫外線や過剰な湿気を抑えることで、季節特有のストレスを解消できます。

Facebookからコメントする

comments