脱毛クリームとは?

腕や脚などにムダ毛を除去したい部位に塗るだけで簡単に毛を無くすことができる脱毛クリームですが、そもそもどのような仕組みで毛を無くすのかを知らない、という方も多いのではないでしょうか?
今回は、脱毛クリームが毛を除去できる仕組みなど、基礎的な知識に関してご紹介します。

 

脱毛クリームとは、タンパク質に反応し破壊する効果があるアルカリ性の成分が含まれているクリームです。

毛はタンパク質で作られていますので、クリームを塗布することによって、アルカリ性の成分を持つクリームがタンパク質に反応し、毛を溶かすことができるという仕組みなのです。

 

また、脱毛クリームは肌の表面に出ている毛を溶かす効果がありますが、肌の内部、毛根に近い部分までは反応しません。

よって、ツルツルの肌を保つことができる持続性に関しては基本的に3日〜5日が平均と言われています。

 

しかし、カミソリで処理した場合のように毛の断面が太くなることはありませんので、毛が少し生えてきてもチクチクすることはありませんので安心してくださいね。

今回ご紹介した脱毛クリームの知識を身につけ、正しく使用し綺麗なお肌を手に入れましょう。

Facebookからコメントする

comments