脱毛サロンと脱毛クリニックの違いって? 自分に合った方法で脱毛しましょう!!

こんにちは、北堀江の脱毛サロンlapis-luceです。

脱毛をするときにサロンとクリニックのどちらを利用すれば良いのか、と悩んでしまうところですが、痛みや効果に違いがあるので、自分に合った方法を選びましょう。

 

簡単に説明すると、脱毛サロンは痛みが弱く、少しずつ脱毛していくものであり、脱毛クリニックは痛みが強く、短期間で脱毛できるものという違いがあります。これは施術に行われる装置の出力による影響です。

 

脱毛で利用されている光やレーザーを使用する方式は、毛に含まれているメラニン色素に光を吸収させて熱を持たせ、毛母細胞にダメージを与えて再生能力を低下させる原理です。

 

しかし、光の照射は皮膚に対して行うため、皮膚に含まれているメラニン色素にも吸収されて熱を持ってしまうので、出力が高ければやけどの危険も高まります。

 

医療機関と提携している脱毛サロンもありますが、トラブルが起きた際に即座に対応ができません。

高出力の装置は医師免許がなければ使用できないため脱毛サロンでは出力が抑えられています。

これにより効果が弱くなり、完了までに時間がかかりますが、皮膚の受けるダメージも小さいので痛みが弱いです。

 

脱毛クリニックは出力が高くできますが、皮膚のダメージも大きいので麻酔クリームを使っていても痛みを感じることがあります。

 

重要なのは皮膚の状態を確認しながら脱毛に臨むことなので、契約前に試射を行って痛みやその後の経過を見て、自分に合っていることを調べると良いでしょう。

Facebookからコメントする

comments