良質な睡眠で美肌をゲット

少し前まで、お肌のゴールデンタイムは夜10時から2時の間の4時間と言われてきました。
この間に睡眠をとることで、成長ホルモンが分泌され、美肌になることができるといいのが定説でしたが、最近ではゴールデンタイムの時間は必ずしも一定ではないことが分かってきました。

 

お肌のゴールデンタイムは、決まった時間ではなく、入眠後三時間というのが最近の常識になりました。

睡眠に入ってからの三時間の間にぐっすりと眠ることで、成長ホルモンが分泌されることが分かったからです。
成長ホルモンは紫外線からのダメージを修復するなど、美肌には欠かすことができません。

 

良質な睡眠を得るためには、いくつか気を付けなければいけない点があります。

寝る一時間前には蛍光灯やLEDの照明は抑えて、間接照明に切り替えましょう。
こうすることで、脳が落ち着いて眠りやすい環境になります。

 

また、食べてすぐに寝てしまうと、血糖値が高くなってしまうので成長ホルモンがうまく分泌できません。
食事は寝る二時間から三時間前に済ませておくといいでしょう。
こうすることで睡眠の質が向上し、短時間の睡眠でも美肌をゲットできるようになります。

Facebookからコメントする

comments