1月2015

メイク道具のお手入れ方法

こんにちは、北堀江の脱毛サロン lapis-luceです。

 

メイク道具は肌に直接使うものですから、

毎日のお手入れをキチンと行い、衛生的に保つようにしましょう。

 

ファンデーションのパフは1ヶ月に1度を目安にし、

中性洗剤または石鹸を使って洗いましょう。

 

パフに泡を立てて、優しく押し洗いをしましょう。

 

よくすすいだら陰干しをします。

 

ピンチで直接はさんでしまうと跡が付いてしまいますので、

ガーゼやティッシュなどをはさんで干すと良いですよ。

 

ビューラーは、使ったら汚れを拭き取って置きましょう。

 

ティッシュやウェットティッシュを使って簡単に汚れを落とすことができます。

 

ゴムの交換や本体の交換などもマメに行うようにしましょう。

 

ブラシのお手入れもティッシュで軽くふき取ったり、

使用したあとで手の甲や腕などで軽くはたくなどの簡単なもので大丈夫です。

 

こちらは長く使うものですが、

水洗いなどをしてしまうとかえって毛が傷んでしまいます。

 

水洗いではなく、クシでとかしてあげたほうが長持ちします。

 

汚れが気になるときには、ベビーパウダーやフェイスパウダー、

コーンスターチなど粉を使って洗います。

 

正しい洗顔方法って?

こんにちは、北堀江の脱毛サロン lapis-luceです。

 

洗顔はスキンケアの基本ですが、

正しい洗顔方法がよく分かっていない方も多くいらっしゃいます。

 

洗顔時には肌のバリア機能を傷付けてしまう可能性が高いですから、

優しく汚れを落とすことが必要です。

 

洗顔料はよく泡立ててから肌に乗せるようにしましょう。

 

そのためには、手を事前に洗っておくことが大切です。

 

手が汚れていると、その汚れを肌にこすりつけてしまうことになりますし、

手の汚れを落とすために洗顔料を使うことになってしまい、

泡立ちが悪くなってしまいます。

 

予洗いもキチンと行い、手で肌をこすらずに泡で汚れを落としていきましょう。

 

ぬるま湯を使って洗うことも大切です。

 

熱すぎるお湯を使うと肌にとって必要な成分まで洗い流してしまうことになりますので

肌のバリア機能を傷つけてしまいます。

 

また、入浴時に洗顔をされる方は

シャワーを直接顔に当ててはいけませんので注意しましょう。

 

肌のバリア機能を傷付けない、正しい洗顔を行うようにしましょう。

 

 

ムダ毛セルフケアのデメリットとは

こんにちは、北堀江の脱毛サロン lapis-luceです。

 

ムダ毛の処理は、毛抜きで抜いたり、

シェーバーで剃ったり、セルフケアで済ませているという人は少なくありません。

 

セルフケアのメリットは、費用が安く済む事ですが、

そこにはデメリットも存在します。

 

毛抜きを使って毛穴から毛を引き抜いた場合、

毛穴やその毛穴の入口に負担をかける事になります。

 

シェーバーは肌に優しいというイメージを持つ人もいますが、

少なからず肌への負担はかかる事になります。

 

肌に負担が掛かると、それによりメラニン色素が発生し、

黒ずみの原因となったり、毛穴の入口にかさぶたが出来る事で、

毛が正常に伸びてこず、皮膚の中で毛が伸びる埋没毛の原因になる事があります。

 

時間と共に改善する事もありますが、セルフケアを続ける限り、

これらの肌トラブルの原因は生まれ続ける事になります。

 

こうした状態を回避したいと考えた場合、

脱毛を考えるのがお勧めです。

 

脱毛をしておく事で、肌トラブルが起きる原因がなくなり、

綺麗な肌を維持する事にも繋がります。

ホットタオルを活用しましょう

こんにちは、北堀江の脱毛サロン lapis-luceです。

 

毎日のスキンケアに、ホットタオルは役立つのをご存じでしょうか?

タオルを濡らしてレンジで温めるだけでできるので、

とても経済的なだけでなく、様々な効果があります。

 

タオルの温かさと蒸気により、

肌の血行を促進し新陳代謝を活発化します。

 

新陳代謝が活発になると、古い角質が落ちやすくなるため、

くすみの解消にもつながりますよ。

 

メイク落としの際にホットタオルを使うことで、

毛穴を開いて肌の奥の汚れまで取り去ることができます。

 

メイク汚れは油分が多いので、温めた方が汚れが落ちやすくなります。

 

ホットタオルで顔を温めて血行を良くすることは、

目の下にできてしまった青いクマにも効果的です。

 

青いクマの原因は血行不良なので、

血の流れが改善されれば青みも取れるというわけです。

 

ホットタオルを使う際に注意しなければならないのは、

最後に必ず冷水で洗顔したり、

化粧水でパッティングするなどして開いた毛穴を閉じるのを忘れないことです。

 

毛穴が開いたままだと、汚れがたまりやすい状態になってしまいますので要注意です!

ターンオーバーってなに?

こんにちは、北堀江の脱毛サロン lapis-luceです。

 

ターンオーバーという言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか?

何となくはわかるけれど実は理解していない人が多いようです。

 

ターンオーバーとはいわばお肌の新陳代謝のことです。

肌もほかの部分と同じように新陳代謝をしているのです。

 

外部刺激からさらされている肌を守るのが角質層です。

その角質層は一定の周期で新しい細胞に生まれ変わっています。

 

理想の周期が28日ですが、そのサイクルが乱れると様々な肌トラブルに繋がってしまうのです。

例えば分かりやすい例にニキビがあげられます。

 

本来は垢となって排出されるべきの古くなった角質が毛穴を詰まらせて、

そこにアクネ菌が繁殖してニキビが発生することがあるのです。

 

大人ニキビの原因の大半は、この角質トラブルなのです。

 

また、シワ・たるみなどにも繋がると言われています。

弾力やハリをもたらすのは肌内部のコラーゲン繊維やエラスチンですが、

肌表面の角質層が古くなった細胞でいっぱいになると

潤いが失われシワシワになってしまいます。

 

これではいくら内部に弾力やハリがあっても意味を成さないのです。

美肌に効果のある栄養素とは 

こんにちは、北堀江の脱毛サロン lapis-luceです。

 

美肌を実現するには、もちろんスキンケアによるお肌のケアも必要ですが、

それに加えてカラダのなかからのケアも同じくらいかそれ以上に重要です。

 

美肌に効果のある栄養素は、いろいろな種類がありますが、

なかでもビタミンは美肌には欠かせない栄養素となっています。

 

たとえば、ビタミンCはメラニンの生成を抑制する効果があります。

 

美肌の第一条件でもある、白く透き通ったお肌を獲得するためには、この栄養素が欠かせないのです。

 

メラニンの生成が加速してしまうと、お肌にはどんどんシミやそばかすが増えてしまいます。

 

夏の紫外線の強い時期にはとくにこの栄養素をとることを意識すると美肌に近づけます。

 

ビタミンCが多く含まれる食べ物はピーマンやブロッコリー、アセロラなどがあります。

 

そして、ビタミンEは若返りのビタミンとも呼ばれます。

 

脂溶性なのでとりすぎには注意が必要ですが、ナッツなどから摂取することができます。

速くてお肌に優しい脱毛って?

こんにちは、北堀江の脱毛サロン lapis-luceです。

 

光をあてるだけで脱毛できるのが光脱毛でした。

 

とっても簡単なのですが、難点がありました。

 

それは毛周期に合わせた照射が必要なことです。

 

光が成長期の毛にしか効果がないので、それに合わせての照射となると2から3ヶ月おきの照射が一般的でした。

通常自己処理が楽になるほどの毛量に減らすには6回以上の照射が必要、

 

つまり1年もかかってしまう計算になります。

 

さらにツルツルにしたいとなると2から3年はかかってしまうというのが現実でした。

でももっと早く脱毛したい、そんな願いを実現したのがラピスルーチェです。

 

こちらの光は毛周期に関係なく作用するので毛周期を気にすることなく、

より効果的に2週間ごとにトリートメントを受けられるのです。

 

でもそうなると施術時間が長いのではと心配になりますよね。

それも問題ありません。通常の光脱毛では1回の施術に1時間ほどかかる全身脱毛でも、

こちらなら1回の施術時間も約30分と非常に短く済むので体への負担も少ないですし、時間も有効活用できます。

間違った洗顔方法とは

こんにちは、北堀江の脱毛サロン lapis-luceです。

 

スキンケアというと、どのような基礎化粧品を使ってケアをするかということばかり考えてしまいがちですが、

実は間違った洗顔方法により、肌の老化を早めてしまう恐れがあるのです。

 

まず、洗顔のときに洗顔料をしっかり泡立てないと、

洗う時の手の摩擦がダイレクトに肌に伝わってしまい負担になります。

 

汚れをすっきり落としたいからといって、ゴシゴシこするのはよくありません。

 

洗顔料を十分に泡立てて、その泡で洗う感覚で、あくまでも優しく洗顔しましょう。

 

洗顔料を洗い流す時にも注意が必要です。

 

熱いお湯はお肌に必要な皮脂まで落としてしまい、乾燥の原因となります。

 

ぬるま湯を使うようにしましょう。

 

お風呂で洗顔する人は、身体を洗ったついでにシャワーで顔も流してしまっているかもしれませんが、

シャワーの水圧はお顔の薄い皮膚には強過ぎます。

 

必ず手に貯めてすすぐようにしましょう。

 

ここでも、お肌に摩擦を与えないように、優しくすすぐことが大切です。

埋没毛とは 

こんにちは、北堀江の脱毛サロン lapis-luceです。

 

むだ毛の処理をしていると、埋没毛のおなやみを抱えることになってしまうひともたくさんいます。

 

自分でカミソリでそったりしてムダ毛を自己処理していると、

カミソリでそってもすぐにむだ毛がすぐにのびてきてしまうとか、

何度も自己処理を繰り返しているうちにお肌自体が敏感肌になったり乾燥肌になったりする以外にも、

どうしてもつきまとってしまうのがこの埋没毛の問題です。

 

埋没毛は、カミソリなどによって皮膚に傷がつき、

毛の成長を皮膚の修復が上回ってしまうのが原因で起こります。

 

ですから、見た目には皮膚の下にむだ毛がもぐりこんでしまって、

表面をカミソリで剃っただけでは処理することができないために、とても扱いが厄介なのが問題点です。

 

むりに自分で切開すると炎症になってしまうので、気軽に処理ができないのも問題です。

 

埋没毛ができないようにするには、

お肌から完全にムダ毛を除去してしまうのが一番なので、永久脱毛が適しています。

セルライトの原因とは

  • こんにちは、北堀江の脱毛サロン lapis-luceです。

 

セルライトの原因とは、運動不足による血行の流れの悪さが原因です。

 

冷えにより血管が細くなり、老廃物や毒素がきれいに流れて排出されないことから

むくみの原因になり脂肪が固まってセルライトになってしまいます。

 

一度なってしまうとなかなか落とすことが難しく、

温めて血行を促進することで少しずつ解消することが出来ます。

 

太い人だけではなく、細い人でも代謝の悪い方は隠れセルライトを持っているケースもあります。

 

血流を良くすることで血色がよくなり、

特に下半身のセルライトを解消することで上半身への代謝の機能もアップします。

 

お風呂の中など温かい場所で直接セルライトを揉みほぐして行うことで効果が高くなります。

 

血行を良くすることで脚が細くなるだけではなく、見かけも肌触りも良いものになります。

 

痛気持ち良い程度に揉むと一度の効果でマイナスを実感することも出来ます。

 

血行を良くして寒い季節でも楽しく過ごしましょう。