5月2016

祝★2周年★

おはようございます!!
Lapis Luceはこのたび平成28年6月1日に開店2周年を迎えることになりました。個人的には、1号店のhair HEARTSをオープンしてから7周年になります。
開店以来、順調に業績をあげることができましたのも、ひとえに皆様方のお引き立ての賜と心より感謝いたしております。
開店当初は不慣れのためになにかと不行き届きの点が多く、皆様方にもスタッフにも大変お世話になり、ご迷惑をおかけしたことも多々あったことと反省いたしております。特に母にはいつも助けられ感謝してもしきれません。
今後も初心を忘れず日々精進して参りますので、一層のご愛顧ご支援を賜りますようお願い申し上げます。
つきましては、開店2周年を記念いたしまして新メニューが新たに加わります。詳細は別途お知らせ致します。

image

今話題の3種の水でスキンケア

皮膚は、表皮、真皮、皮下組織という3つの層から成り立っていますが、スキンケアでポイントとなるのは、表皮と真皮のケアです。

表皮と真皮の働きはそれぞれ異なりますが、互いに関係していますので、両方に働きかけるスキンケアをすることが大切です。

 

 

表皮の一番上にある角層には、細胞と細胞がレンガ状に重なり合い、その間をセラミドが埋めています。

セラミドは角層の水分を保つ役割があるので、セラミドが十分にあれば、肌は潤いを保つことができます。

 

 

そして、表皮の下にある真皮は、肌の弾力やハリを保つ役割があります。

真皮に含まれる主な成分であるコラーゲンは、真皮の中で網の目のように張り巡らされていて、肌に弾力をもたらしています。

 

 

そして、その網目状のすき間を埋めるように存在しているのが、ヒアルロン酸で、水分を蓄える働きがあります。

つまり、コラーゲンとヒアルロン酸が十分にあれば、ふっくらとした若々しい肌を保つことができます。

 

 

セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸は年齢とともに減少し、シワやたるみの原因となるので、これらの成分が含まれる化粧品を選んでエイジングケア対策をしましょう。

美肌1位の島根県民に学ぶスキンケア法

日本の都道府県の中でも、美肌で1位となっているのは島根県と言われています。
島根県の地形を見てみると分かりますが、紫外線の影響を受けにくい特徴を持っているために、知らず知らずのうちにも島根県民は、シミやそばかすなどのお肌のトラブルを避ける事が出来ているのです。

 
つまり、やはりきれいなお肌のためには、紫外線を出来るだけ受けないようにする事がポイントになるという事が言えます。
また島根県の空気を調べてみると、空気に湿度が割と多いという事が浮かび上がってきます。

 

それはつまり、お肌に適度な潤いを与える事にも繋がっているために、無意識の中にも自然とお肌が乾燥し過ぎないという環境になっているのです。
空気の中の水蒸気の密度が低いと、どうしてもカサカサとしたお肌になってしまうからです。

 

そして島根県は他の都道府県に比べた場合に、喫煙者がすくないというデータも出ている事から、やはり美肌のためにはタバコは良く無いという結論になります。

 

ですから、きれいなお肌を手に入れたいと思っている人は、禁煙をする事も大切かもしれません。

外国人びっくりの日本人脱毛事情

オリンピックなどで外国人の人がムダ毛を処理していない人も多く、わざわざ手を掛ける事ではないというお国柄もありますが、中にはある国によっては外国人は想定以上にムダ毛処理をしている事が多く、特にアンダーヘアにおいては一般の人でも身だしなみの一部として多くの人が処理をしている国も多く、日本はまだまだアンダーヘアの処理が甘いとも見られています。

 
日本で脱毛ブームが始まったのもここ30年ほど前の話で、VIOに関してはここ最近の話です。
まだまだVIOを処理する事に抵抗のある日本人も少なからずいる事は確かです。

 

脱毛は施術が広がっているものの初めは見えない箇所はほとんどせずに足や脇などの露出が多い部分に限定されていました。
ワキ処理が徹底されている事に外国人は首をかしげるほどおかしく思える人も多く、一部分だけの処理では身だしなみとは言えない国も多いです。

 

また日本人男性が処理しない事にも驚く外国人も多く、海外では男性も気軽にムダ毛処理をする文化もあり、同様に女性に対してムダ毛の処理に関して求める部分も大きいでしょう。

脱毛の種類と特性

脱毛には、専門の医療機関やエステサロンなどで行われる、光脱毛・レーザー脱毛・ワックス脱毛・ニードル脱毛があります。
自宅で簡単に自分でもできる脱毛では、カミソリ・脱毛クリーム・毛抜きがあげられます。

 

 

レーザーにも種類がある為、脱毛を行う際には、事前に自分に合った方法を確認することが大切です。

とにかく毛の量の多さに悩み、永久脱毛を希望の場合は、医療機関で行う事ができるニードル脱毛が一番効果的です。

 

 

ニードル脱毛の特徴は、専用の針(ニードル)で直接電気を流し、毛根にダメージを与え破壊していきます。
光脱毛などより、効果はとてもありますが、ニードル脱毛は電気を流す際に多少の痛みがあり、施術後の肌には赤みが伴う為、痛みに弱い方・肌の弱い方にはおすすめできません。

 

 

自宅でできる脱毛にも、脱毛クリームが肌に合わなかったなどの問題も起こる可能性がある為、脱毛クリームを使用する際には、事前に手の甲などでパッチテストを行いましょう。

 

 

脱毛には沢山の種類や特徴がある為、ご自身の肌質や目的に合った種類を選択することが大切だと言われています。

スポーツ選手と脱毛の関係性とは

女性の身だしなみというイメージが根強い脱毛ですが、実は男性のスポーツ選手にも脱毛をしている人が数多くいます。

中でもサッカー選手は多いことで知られていますが、スポーツ選手と脱毛の関係性は、身だしなみの問題だけではありません。

 

 

現在では、欧州人はほとんど脱毛しているのでその影響もありますが、最も大きい理由は、摩擦を防ぎパフォーマンスを高めることにあります。

ユニフォームやソックスとの摩擦や蒸れは、試合中の集中力低下の原因となりますが、脱毛をしてツルツルにしておくことで、無用な集中力低下を避けることが可能です。

 

 

また、100分の1秒を競う水泳や自転車競技においては、少しでも抵抗を減らす為に脱毛をする人も少なくありません。

特に、自転車競技の場合は体毛が転倒時の怪我の原因となってしまうケースも多い為、すね毛を処理することが当たり前となっています。

 

 

体毛はカミソリなどで自己処理をすることもできますが、日常的にスポーツに取り組んでいる場合、頻繁に処理するのは大変です。

サッカーや自転車競技などのスポーツに取り組んでいる人は、脱毛を検討してみましょう。