7月2016

脱毛後に行うケア

最近では脱毛はサロンで行うことが常識となってきました。

そこで気をつけたいのが、サロンでの脱毛後のケア方法です。

 

 

サロンでも脱毛した後は冷却、といった処置はしてくれます。

しかし自宅に帰ってから、より手厚くケアをすることでより美しいつるんとした肌を手に入れられることでしょう。

 

 

まず、脱毛を行った直後は日焼け止めの使用は控えましょう。

脱毛を行った後、肌は非常にデリケートな状態になっています。

 

 

日焼け止めなどを塗ってしまうと、肌を傷つけてしまう可能性が高いのです。

また毛穴がきちんと閉まっていなければ、日焼け止めによって穴が塞がれてしまう危険性もあります。

 

 

次に、お風呂を入ることは避けましょう。

脱毛を行った箇所は、感じにくいかもしれませんが普段よりは高い熱を持っています。

 

 

刺激を与えたり、体を温めることは避けたほうが良いのです。

当日はシャワーのみで上がるように心がけましょう。

 

 

最後に保湿をきちんとしましょう。

乾燥は美肌の大敵です。

 

 

また乾燥が激しいと次回の脱毛を見送らなければならない場合もあります。

自宅に帰ってケアをして、ぜひ美しい肌を手に入れましょう。

脱毛って痛そう…と心配な方へ

人間の身体に生える体毛は、元々は体を守るために生えていましたが、
生活環境の改善や衣類の充実により、その役割は減ってきています。

 

 

ムダ毛などと呼ばれる人間の毛は、
常に一定の量が生え変わっているように見えますよね。

 

 

しかし、毛はストレスと密接な関係があるのです。

 

 

仕事などで忙しさを感じると、男性ホルモンが
多く分泌されてしまい、女性でも
毛が濃くなってしまうことがあります。

 

 

女性らしさを司る脳の視床下部は、
とてもデリケートにできているのです。

 

 

ですから、バランスが崩れてしまうと、
女性でも男性よりの分泌になってしまいます。

 

 

男性の毛は女性より濃いので、当然身体が男性よりになると、
毛はどんどん濃くなってしまいます。

 

 

生えてくる毛もやわらかい産毛ではなく、
太くて固い毛になるので、
同じ本数が生えていたとしても目立ってしまうのです。

 

 

できるだけ、悩み事などは解消するようにして、
自分でも身体を動かすなどの
リフレッシュ方法を行うようにしましょう。

まずは、自分に一番合うリフレッシュ法を見つけることから始めてください。

脱毛は部位によって痛みが違う‼?

「毛」というものは本当に厄介なものです。
冬だと長袖、長ズボンが多いのでつい忘れがちですが
とっさな時に毛が見えていないか不安になるものです。

 

そのため最近では多くの人が「脱毛」という手段を選択します。
部位として一番人気なのは、やはり脇です。

 

とは言っても、初めての人であれば痛みが気になるものでしょう。

 

ビューティーサロンとしてはっきり言わせていただきますと、
脱毛の痛みとは箇所によります。

 

そして何より個人差の問題でもあります。

 

しかし朗報としては、特に脇は多くの人にとって痛くない、
痛みが少ない箇所だということです。

 

輪ゴムを皮膚にパチンとあてる痛み、と表現されるぐらいです。

 

反対に痛みが強い場所はやはりデリケートな部分です。

 

Iラインや足の指などが痛みを感じやすい場所となっています。

 

脱毛デビューをしたいけど不安、
という方はぜひ脇から始めてみてはいかがでしょうか。

 

今から始めれば、来年の夏までには効果が実感できているでしょう。
脱毛は「早めに始める」ことにこそ意味があります。

 

ぜひ一度ご検討ください。

体毛とストレスのあまり知られていない関係性

人間の身体に生える体毛は、元々は体を守るために生えていましたが、
生活環境の改善や衣類の充実により、その役割は減ってきています。

 

ムダ毛などと呼ばれる人間の毛は、
常に一定の量が生え変わっているように見えますよね。

 

しかし、毛はストレスと密接な関係があるのです。

 

仕事などで忙しさを感じると、男性ホルモンが
多く分泌されてしまい、女性でも
毛が濃くなってしまうことがあります。

 

女性らしさを司る脳の視床下部は、
とてもデリケートにできているのです。

 

ですから、バランスが崩れてしまうと、
女性でも男性よりの分泌になってしまいます。

 

男性の毛は女性より濃いので、当然身体が男性よりになると、
毛はどんどん濃くなってしまいます。

 

生えてくる毛もやわらかい産毛ではなく、
太くて固い毛になるので、
同じ本数が生えていたとしても目立ってしまうのです。

 

できるだけ、悩み事などは解消するようにして、
自分でも身体を動かすなどの
リフレッシュ方法を行うようにしましょう。

 

まずは、自分に一番合うリフレッシュ法を見つけることから始めてください。

肌荒れの意外な原因

肌荒れを防止して美しい肌を維持するには、注意すべきことがいくつかあります。

特に大事なのが、睡眠です。

 

 

人間は、睡眠中に細胞を修復させて、疲れを回復させます。

ですから、睡眠が取れないと、健康だけでなく、肌にも悪い影響が出てきます。

 

 

特に、10時〜12時の睡眠不足には注意する必要があります。

10時〜12時の間に就寝して、肌の回復力を高めることが大事です。

 

 

化粧をしっかりとることも、肌荒れ防止対策になります。

化粧が残っていると、毛穴が詰まりやすくなり、ニキビやシミの原因となります。

 

 

また、洗顔の洗い残しも、肌荒れの原因となります。

疲れていても、丁寧に洗顔をして、洗い残しがないように水やぬるま湯ですすぐことが大事です。

 

 

洗顔剤をよく泡立てて、泡で包むようにして洗うと、肌への負担が少なくて済みます。

洗顔剤を洗い流した後に、タオルでこすって拭くと肌に負担がかかります。

 

 

タオルは、肌にそっとあてるようにして、優しく水分を取ります。

洗顔後は乾燥しやすいので、肌の潤いを守るために、しっかりと保湿をすることが大切です。

食べ物で美肌に効果があるものは?

美しい肌を作るためには化粧品でのケアはもちろん、食生活に気をつけることも大事です。

美肌に効果がある食べ物としては、まずは”まごわやさしい”食品があげられます。

 

 

これはまめ、ごま、わかめ、やさい、さかな、しいたけ、いも、をあらわしており、生活習慣病の予防など健康に良いことはもちろん、これらの食品は皮膚や粘膜を強くするにのも役立ってくれます。

 

 

さらにビタミンを多くとることも大事です。
ビタミンは美肌には欠かせない大事な成分ですが、食生活が乱れると不足しがちとなります。
ビタミンAは緑黄色野菜、ビタミンCは野菜や果物、さらに血行促進に役立つビタミンEはナッツ類に多く含まれています。

 

 

肌に良いビタミンB群などは豚肉にも多く含まれていますので、バランスの良い食事を心がけましょう。

食べ物はもちろん大切ですが、やはり良質な水分も肌には欠かすことはできません。

 

 

水を飲むことは体の内側から潤してくれますし、老廃物を体内から排出させるのにも役立ちます。

さらに、水をしっかり飲むことはお通じの改善にも役立ち、毒素が排出されますので、こちら美肌に役立ちます。