10月2016

毛穴パックのデメリット

こんにちは、北堀江の脱毛サロン lapis-luceです。

 

毛穴パックは、手軽に黒ずみ対策ができる上に成果が目に見えるので大人気です。
ですが、使用方法を間違えると肌の角質を傷つけてしまうこともあるため、注意が必要です。
毛穴パックは、毛穴を開けて角栓を剥がしとるという方法で黒ずみを撃退しています。

 

パックを剥がしとる時に、あまりに無理矢理剥がそうとすると肌が傷ついてしまうので、優しく剥がすようにしましょう。

パックを濡らして取りやすくするのもおすすめです。
パックが固くなることで剥がしにくくなるので、説明書に記載されているパック時間は必ず守るようにしてください。

 

長くパックをしたからと言って角栓が取れやすくなるわけではありません。

使用頻度にも、注意が必要なのです。
あまりに頻繁に使用すると、時間を守って使用していたとしても肌への刺激となります。
多くとも使用は週に一回程度にしておきましょう。

 

一度目で思わしい効果が出なくとも、何度か使用していくうちに黒ずみは気にならなくなっていきます。

毛穴パックはとても便利な商品です。
ですが、その裏側にはデメリットもあるということを忘れないようにしましょう。

美肌は男性にとっても重要?

こんにちは、北堀江の脱毛サロン lapis-luceです。

 

現代の見た目評価の時代に生きている以上、美肌は男性にとても重要であると言えます。

まず油顔の男性を素敵だと思う女性はいませんし、肌は汚い状態では不摂生をしている印象を持たれますので、つまり自己管理ができないと判断されてしまいます。
ビジネスシーンでは管理能力も問われますので、太り過ぎは無能と言われますし、肌を良い状態に保つことができないのは、肥満を時期起こすことと似ています。
本人の生活と食事の管理ができないからこそ、肌にはそのツケが出てくることになるからです。

 

男性にとって美肌を努力で得ることには、メリットがかなり多いです。

まず女性たちは美しさに異常な執着心を持っており、それを男性にも求めるところがあります。
間違いなく肌の汚い男性よりも、美肌の男性のほうが女性たちからはモテることになります。

 

美肌を得るためには夜の睡眠を大事にする必要があり、睡眠不足は解消をするようにしましょう。

メンズ化粧品は気軽に購入できる時代ですので、メンズ用の基礎化粧品を使い、肌へのスキンケアを毎日行うような、地道な努力をしていきましょう。

http://lapis-luce.com/wp-admin/post.php?post=834&action=edit

毛穴の洗浄方法とは?

こんにちは、北堀江の脱毛サロン lapis-luceです。

 

毛穴に皮脂が溜まって詰まっていくと、黒ずみになってしまいます。

ファンデーションなどで無理に隠そうとすると、それがまた毛穴に詰まったしまい、いつまで経っても改善しません。

 

 

黒ずみ対策として最も有効なのは、実は正しい洗顔方法を身につけることなのです。

具体的に言うと、洗顔の前に蒸しタオルを当てて毛穴を開いておきます。

こうすることで、汚れを落としやすくするのです。

 

次はよく泡立てた洗顔フォームで優しく丁寧に洗顔をします。
洗顔後はすぐに化粧水で保湿をしましょう。

肌の水分が飛んでしまう前に水分を与えることが大切です。

化粧水の次は、乳液でケアをします。

皮脂が気になる方は特に、乳液の使用を避けがちですがそれは間違いです。

 

 

なぜなら肌が乾燥することで、皮脂が過剰に分泌され毛穴の汚れにつながっていくからです。
乳液でしっかりと保湿を行うことは、乾燥対策には欠かせないので忘れずに行いましょう。

このようなポイントに気をつけて日々のスキンケアを行うことで、毛穴の黒ずみは気にならなくなっていきます。

この方法を習慣付けてきれいになりましょう。

脱毛で女子力アップ!

女子力アップと言えば、内面的な磨きから身だしなみや料理裁縫等々のスキルアップなど、昔から変わらないと言えば変わらないようなことが挙げられます。

 

化粧や髪型、服装に至るまで事細かに気を配って女子力アップを図れば、異性同性共に評価アップに繋がるでしょう。

 

しかし、見える部分にだけ気を使っていてはいけません。

 

露出が多くなる夏や、イベントごとなどで肌を露出する機会は特に、自分の見えていない部分まで周囲に見られてしまいます。

 

男性は特に女性のムダ毛にショックを受けることがあるようなので、意中の男性がいる方やお付き合いをしている方がいるならば、そこは特に気をつけたいものです。

 

そうは言っても毎日毎日ムダ毛の処理をするなんて、肌も痛みそうだしめんどうだしやりたくないと思う方も少なくないのが現状です。

 

冬なら別に気にしなくていいか、なんて油断しているともしかしたらヒヤヒヤするような場面になるかもしれません。

 

今まで築き上げた女子力高い女の地位を不動のものにするなら、脱毛という手を使いましょう。

 

綺麗な腕や足、夏ならワキのラインなど何処を見ても綺麗な女というのは、同性からも異性からも一目置かれるでしょう。

 

自分で毛を抜くと毛が太くなると言われる理由

女性なら脇や腕や脚、男性なら髭など気になるムダ毛を自分で処理している方は多いでしょう。

 

エチケットととして誰もが行っていますよね。

 

ではその方法はどのような方法でしょうか。

 

自分で毛を抜く、または剃るが主流ではないかと思います。

 

小まめに剃っている方、抜いた後がキレイだからという理由で抜いている方もいらっしゃいますよね。

 

でも、自己処理で抜いたり剃ったりすると毛が太くなるというのを聞いたことはありませんか?

 

その理由はなぜでしょうか。

 

これは剃ると目に見えている断面積が増えて太くなったようにみえます。

 

ですから太くなったように見えるだけで根本的には毛は太くなっていません。

 

しかし抜いてしまうと、抜かれた毛が再生しようとする時に抜かれる前よりもしっかりとした毛に再生しようとします。

 

そのため毛が太くなってしまうのです。

 

これがせっかく処理してもさらに太くなって生えてきてしまう仕組みです。

 

さらに抜くことによって毛根部を傷つけてしまい化膿したり、色素沈着を招いたり、埋もれ毛の原因になったり、肌トラブルにも繋がりうるのです。