11月2016

脱毛クリームを使用する際の注意点

痛みを感じず手軽に行える、などのメリットがある脱毛クリームですが、今回は使用する際に気をつけなければならない注意点をご紹介します。

まず初めに、脱毛クリームの使用前には必ずパッチテストを行いましょう。

 

少量のクリームを肌の一部に塗布し、説明書の指示に従って洗い流した後、24時間以上経過しても異常が見られなければ使用OKです。

また、クリームの放置のしすぎにも気をつけましょう。

 

「長い時間放置した方が効果があるのでは?」と考え説明書の指示以上の時間塗布したままにしてしまう方がいますが、これはNGです。

長い時間放置することによって肌に異常をきたす場合が考えられますので、必ず放置時間は守ってくださいね。

 

そして、脱毛クリームを使用するのが適さない期間もあります。

脱毛クリームを使用した直後は非常に肌が敏感になっているため、海水浴などの紫外線・海水などが肌に刺激を与える場所に行く場合、直前の使用は控えましょう。
また、妊娠中の方は普段に比べて肌がデリケートになっていますので、脱毛クリームの使用は控えるようにしましょう。

 

今回ご紹介した注意点を守って、正しい方法で脱毛クリームを使うようにしましょう。

正しい脱毛クリームの選び方とは?

脱毛クリームを選ぶ際、様々な種類があり迷ってしまうという経験をした方も多いのではないでしょうか?
今回は、正しい脱毛クリームの選び方をご紹介します。

 

まず初めに、製品に書かれている性別表記に注目しましょう。

 

製品によって「男性用」「男女兼用」などと書かれている場合がありますので、敏感肌の方や初めて脱毛クリームを使用するという方は「男女兼用」を、剛毛にお悩みの方などは男性用を選ぶのもおすすめです。

いずれにしても、使用する前には必ずパッチテストを行い自分の肌に合う製品であるかチェックするようにしましょう。

 

次に、脱毛クリームは基本的に刺激臭がするものが多く、中にはその臭いを苦手と感じる方もいます。

臭いのストレスを軽減するためにも、「香り付き」と書かれている製品を選ぶのがおすすめです。

最後に、使用可能部位をしっかりと確認しましょう。

 

脱毛クリームは体の部位によって効果が変化します。

腕・脚の他にデリケートゾーンなど、製品によって使用可能部位が分けられていますので、ご自身の使用したい部位に適している製品を購入しましょう。

 

いかがでしたか?今回ご紹介した点を購入する際の参考にしてみてくださいね。

脱毛クリームとは?

腕や脚などにムダ毛を除去したい部位に塗るだけで簡単に毛を無くすことができる脱毛クリームですが、そもそもどのような仕組みで毛を無くすのかを知らない、という方も多いのではないでしょうか?
今回は、脱毛クリームが毛を除去できる仕組みなど、基礎的な知識に関してご紹介します。

 

脱毛クリームとは、タンパク質に反応し破壊する効果があるアルカリ性の成分が含まれているクリームです。

毛はタンパク質で作られていますので、クリームを塗布することによって、アルカリ性の成分を持つクリームがタンパク質に反応し、毛を溶かすことができるという仕組みなのです。

 

また、脱毛クリームは肌の表面に出ている毛を溶かす効果がありますが、肌の内部、毛根に近い部分までは反応しません。

よって、ツルツルの肌を保つことができる持続性に関しては基本的に3日〜5日が平均と言われています。

 

しかし、カミソリで処理した場合のように毛の断面が太くなることはありませんので、毛が少し生えてきてもチクチクすることはありませんので安心してくださいね。

今回ご紹介した脱毛クリームの知識を身につけ、正しく使用し綺麗なお肌を手に入れましょう。

正しい洗顔の方法

こんにちは、北堀江の脱毛サロン lapis-luceです。

 

肌に汚れや皮脂が残っていると、いくら良い化粧品を使っていてもその効果は十分に発揮されません。
スキンケア効果を高めるためにも、正しく洗顔を行うことは大切です。
朝は水でバシャバシャと洗うだけだったり、夜はクレンジング料だけで済ませている人もいるかもしれませんが、洗顔は朝晩一日二回行うようにしましょう。

 

寝ているだけでも、汗や皮脂、ほこりなどで顔に汚れはついていますし、クレンジングだけではきれいに汚れを取ることはできないため、朝も晩も洗顔は必要です。

 

とは言え、洗い過ぎると必要な皮脂まで取り除いてしまうので、できるだけ肌に負担をかけないように優しく洗顔することがポイントです。

まず、手を清潔にし、ぬるま湯で顔をさっと洗います。

 

次に、泡立てネットなどを使い、きめが細かくふんわりとした泡を作ります。

最初はTゾーンに泡をのせ、肌に指が触れないように優しいタッチで洗います。
頬やあごにも泡をのせて、こすらないように優しく泡を転がします。
目元や口元は皮膚が薄いので、泡をのせるくらいで充分です。
最後はぬるま湯で洗い残しがないよう、丁寧にすすぎます。

ニキビの跡を消す方法って?

こんにちは、北堀江の脱毛サロン lapis-luceです。

 

ニキビの跡が残ってしまう原因として、ターンオーバーの乱れによる肌細胞の再生の遅れがあります。

ターンオーバーの乱れを改善させて肌細胞の再生を速めることが重要なポイントとなります。

ニキビの跡を消す方法として積極的に行うべきことは、化粧水で肌にたっぷりとうるおいをチャージすること、ピーリングをして角質を柔らかく健やかに保つこと、健康的で規則正しい生活習慣を身につけること、ビタミンを積極的に摂取することなどです。
化粧品による体の外側からのケアと生活習慣の改善やビタミンの摂取などによる体の内側からのケアが必要になります。

 

ピーリングをして角質のバリア機能がアップすればうるおいをため込んでおく力もアップして化粧水による保湿力が高まり、ターンオーバーも活発になり肌再生もスムーズになります。
そうなると肌環境が改善されてニキビの跡が残りにくくなります。

 

ビタミンB群には代謝を促進させる効果があり、ビタミンCやビタミンEには抗酸化作用があるのでニキビが色素沈着をするのを抑制する効果があります。

野菜や果物や大豆製品などを食事のメニューに取り入れたりサプリメントを飲んだりして積極的に摂取しましょう。