2月2017

乾燥シーズン到来!気になるお肌トラブル

乾燥肌の方にはつらいシーズンがやってきました。
既に肌のカサカサに悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

この時期の肌のカサカサは、肌の水分・油分の減少が主な原因です。

 

寒くなってくると汗と皮脂の分泌量が少なくなります。

汗は肌にとって重要な水分です。
また皮脂は油分なのでそれを肌にとどめてくれる役割を果たします。

 

これらが少なくなると肌のキメが乱れ、外部からの刺激を受けやすい状態になってしまいます。
このため冬は肌トラブルを起こしやすいのです。
乾燥は肌の老化も進めるので、念入りに対策する必要があります。

 

乾燥肌の方はもちろんですが、普段乾燥肌や敏感肌じゃない方でもこの時期は刺激に弱くなることがあるので、特に肌に負担をかけずにケアすることが大切です。

洗顔する時はたっぷりの泡でゴシゴシとこすらないように洗います。

洗顔後のスキンケアは化粧水でたっぷり水分補給をし、乳液やクリームで蓋をして水分が逃げないようにします。

 

普段、オイリーな肌質の方でも肌の内側が乾燥していることがあるので必ず化粧水で水分を補給してあげましょう。

この時期はとにかく水分補給が大事です。
丁寧にケアして乾燥を乗り切りましょう。

冬に猛威を振るう紫外線にご注意を!

じりじりと暑い日差しが気になる春先から夏にかけてだけ、紫外線対策をするという人は意外と多いのではないでしょうか。
日焼け止めや美白化粧品は乾燥を招き、乾燥しやすいということもあり、秋や冬には使っていないという人も多くみられます。
しかし冬は夏と同じ、もしくはそれ以上に注意が必要なのです。

 

日焼けをして黒くなったり、シミなどの原因となる紫外線は、確かに夏の方が多いといえます。

しかし冬であっても長時間外にいれば、確実に影響を受けることになります。
また冬に気になるのが乾燥です。

 

乾燥により、肌のバリア機能が低下してしまい、夏よりも影響を受けやすくなっているのです。
紫外線には水分の蒸発を促進する働きがあるため、肌が乾燥した状態で紫外線を浴びると、余計に肌が乾燥することにつながってしまうのです。

 

冬の紫外線対策の方法としては、なによりも乾燥させないことが大切です。

保湿効果のあるスキンケアや化粧品を使うと効果的です。
また外出しないからと油断していると、知らない間に洗濯物を干す時などに影響を受けていることもあります。
冬の間でも、日焼け止めは忘れずに塗るようにしましょう。

脱毛って痛いの…?

脱毛は痛いというイメージがあるかもしれませんが、これは事実であるとも言えますし、ないともいえます。

その理由としては方法によっても痛みの程度が変わってきますし、部位によっても異なってくるので痛いというのも痛くないというのも本当ということになるのです。

 

以前まで主流であった電気鍼を用いた方法の場合には、直接毛穴に電気鍼を差し込んで電気を流し毛根を破壊してムダ毛を処理するという方法だったため、かなり痛みが強いものでした。

ところが最近の特殊な光やレーザーを使用した方法であれば、毛根にだけ反応をする仕組みなので痛みもかなり軽減されることになり部位によってはそれほど痛みを感じることなくムダ毛を処理することができるようになったのです。

 

しかし、これもあくまでも部位によるものであり男性の場合にはヒゲであったり、あるいは男女ともにVIOゾーンのような太くて濃い毛が密集しているような場所はかなり痛みが強いこともあります。

そのため、脱毛というのは痛いこともあれば痛くないこともあるというのが、本当のところになっているのです。

知らなかった!剃刀脱毛のメリット・デメリット

自宅で手軽にムダ毛処理をすることが出来るとして、幅広い年代で行われているのが、剃刀でムダ毛を剃る脱毛方法です。

メリットとしては、短時間で広範囲のムダ毛を処理することが出来るということ、また剃刀はコンビニやスーパーなどでも安価に購入することが出来るという事もメリットのひとつでしょう。
様々なタイプがありますので、使用する部位によって形状を選ぶことが出来ます。

 

 

しかし、一方でデメリットもあります。
それは、肌を傷つける可能性が大きいということです。
剃刀を使用したムダ毛処理は、刃でムダ毛を剃るという方法ですが、この時に肌がめくれることがあり、肌ダメージによって処理後に肌が赤くなったり、痛みを生じる可能性もあります。

 

また、肌を傷つけることにより、埋没毛の原因になるとも言われています。

特に同じ剃刀を使い続けていると、切れ味が悪くなり、肌を傷つけてしまう可能性が高くなります。

毛を剃る脱毛は、肌表面にあらわれているムダ毛だけを処理することが出来るという方法ですので、すぐに新しい毛が生えてくるため、定期的に剃り続けなくてはいけないというデメリットもあります。

知らなかった!毛抜き脱毛のメリット・デメリット

毛抜き等で毛を抜く脱毛のメリットとして、シェービングした時よりもツルツルの状態を維持することができる点が挙げられます。
ただ、根元から毛をぬいてもムダ毛の再生組織は影響を受けないため、1週間もすれば再び生えてくるでしょう。
生えてくる際に、ムダ毛が皮膚の中に埋もれる埋没毛という状態になることがあります。

 

 

黒いムダ毛が皮膚の中に埋もれたままでいるのはあまり気分の良いことではありません。
また、毛を抜く脱毛は比較的時間かかるので、習慣化している人でも処理の度にストレスを感じてしまうでしょう。
毛抜き等を使った自己処理はデメリットの方が大きいため、できればプロの施術を検討した方が良いでしょう。

 

 

プロの脱毛は痛いと思っている方も多いと思いますが、痛みの少ないサロンの施術を選択すれば安心です。
毛抜きでムダ毛を引き抜く時に感じる痛みに比べれば、はるかに楽に脱毛していくことができます。
埋没毛のような肌トラブルが発生するリスクはほとんどなく、施術を受ける度にムダ毛は薄く目立たなくなるので、自己処理不要の美肌になりたい方には特におすすめです。