9月2017

アトピー肌だけど脱毛しても大丈夫?!

読者のみなさんこんにちは。
「脱毛したいけれど、アトピー肌だからできないのではないか?」
「脱毛してアトピーが悪化しないのか?」
など、アトピー肌で脱毛をお考えの方々の中には、お悩みの人もいらっしゃるかと思います。

 

そこで今回の記事では、アトピー肌でお悩みの方でも脱毛できるのかどうか?についてお答えします。
結論から言うと、アトピー肌でも脱毛はできます。
むしろアトピーの症状がある人は、剃ったり抜いたりといった自己処理で肌を痛め続けずに、早く脱毛に切り替えることをオススメします。

 

特にアトピー肌の方は皮膚にダメージを蓄積しやすいので、毛穴がブツブツになったり、色素沈着を起こしたりして肌が黒ずんでしまうこともあります。そうなる前に、脱毛して自己処理を卒業するのがオススメです。

 

◆色素沈着とは

強い刺激を受け続けることで肌が黒ずんでしまうことです。

肌を守るためにメラニン色素が作られることで起こります。

無理な自己処理を繰り返した部位のほか、下着とこすれる股やアンダーバストでも起こりやすいです。

「アトピーだから脱毛には通えない」と思い込み、無理な自己処理で肌が荒れているみなさん、この機会に脱毛にいきましょう!

肌は大丈夫?カミソリの与えるダメージとは│北堀江の脱毛サロン

こんにちは、北堀江の脱毛サロンlapis-luceです。
ムダ毛処理の方法として最も多く用いられているのがカミソリによる処理だと思います。
しかし、カミソリによる処理ではどうしても頻繁に行わなければならないことも多く、気づいたら肌が荒れてしまった…なんてことも多いのではないでしょうか?
今回はカミソリが与える肌のダメージについてお話ししたいと思います。

 

■肌荒れや炎症の原因に

ムダ毛のお手入れの際、よく起こるのがカミソリ負けですよね。
安価なカミソリを使用していたり、カミソリの刃を交換していないことが原因とされていますが、劣化したカミソリを使用すると、肌には大きなダメージが加わります。
その結果、炎症を起こしてしまい、肌荒れやかゆみへと繋がってしますのです。

 

■脱毛のすすめ

肌が露出する季節には、ムダ毛ケアは必須となりますが、頻繁なカミソリによる処理ではダメージを抑えることは出来ません!
毎日のお手入れから解放されたいという方には、プロによる施術をおすすめします!

 

いかがでしたか?

毎日のムダ毛処理は女性にとってとても大変なものですよね。
これ以上肌を傷めないためにも、サロンでの脱毛を検討してみてはいかがでしょうか?

脱毛が一番効果的な時期とは?

こんにちは。脱毛サロン 北堀江です。
脱毛を行うベストな期間があるのはご存知ですが?例えば春になると気温も暖かくなり、短い服や半袖を着ますよね。夏になると肩が見える服を着る人も増えるかと思います。ではいつ頃に脱毛を行うのが効果が出始め、またコスト的にもお得なのでしょうか?意外と知られていないのですが実は冬の時期なんです。

 

◦効果が出るのが半年から1年?

脱毛の効果が全面的に効いてくるのはおよそ半年から1年といわれています。

夏にやってすぐに効果が出るといったわけではないので、注意が必要です。

 

◦キャンペーンが豊富で予約が取りやすい?

夏になると自然とお客様が冬に比べると増えます。逆に冬になると長袖やコートを羽織るので目に見える毛をそる人が少なくなります。

ですのでお客様の来店数が少なくなり、お店はお客様の確保のためキャンペーンを多くする傾向にあります。

予約が取りやすい時期としては、11、12月が良いといわれています。

やはり夏にお客様が集中するため、夏に比べるとどうしても少なくなります。

 

いかがでしたか?

意外と知らない人も多いかと思いますが、これからの脱毛人生に役立ててもらえれば幸いです。

怠ってない?脱毛後の正しいアフターケアとは?

ムダ毛の一般的な処理方法として、カミソリ・毛抜き・脱毛クリームなどがある中、最近では脱毛サロンもよりリーズナブルになり身近な処理方法となってきました。しかし、その手軽さ故に、処理後のアフターケアを怠っている人が多くいます。アフターケアを怠ると、肌にかなりの悪影響を与えてしまいます。ということで今回は、脱毛後の正しいアフターケアについてお話しします。

 

まず、施行を終えると、サロン側から脱毛直後の注意点などが伝えられると思うので、もちろんその指示に従った上で、脱毛後のアフターケアを行うことが重要となります。家に帰って一番にしてほしいのが、脱毛部分の徹底保湿です。レーザーや光を受けると、肌はかなりのダメージを受け、水分が失われた状態となっています。

 

乾燥したまま放っておくと、赤みが引きにくくなったり、痒みの原因になったりするので、しっかり保湿しましょう。保湿には高価なものを使う必要は無く、シンプルな保湿クリームなどで全く問題有りません。そして、脱毛した直後の肌はかなりのダメージを負っているので、過剰な刺激を与えてしまわないように気をつけましょう。日焼けや、暑すぎるお湯での入浴は要注意です。

 

また、脱毛後のケアだけでなく、日頃から乾燥を防ぐことで、施行時の痛みを軽減することができ、水分をたくさん含んだ健康的な肌は、レーザーや光をよく通し、効果が出やくなります。

 

いかがでしたか?脱毛でダメージを受けている肌をきちんといたわってあげることで、ダメージを最小限に抑えることができます。以上のことに気を付けて、ムダ毛のないツルツルなお肌になりましょう。

ムダ毛の石鹸って何?その効果って?

最近、よく取り上げられている脱毛石鹸。体を洗いながらムダ毛ケアができると言いますが、果たして本当に効果が有るのでしょうか?
ということで、本日は脱毛石鹸について掘り下げていきたいと思います。

 

まず、なぜ石鹸で脱毛ができるかというと、石鹸にはムダ毛を抑える抑毛効果の有る成分が含まれているからです。抑毛成分で代表的なのは、大豆に含まれるイソフラボンです。イソフラボンが、毛包という毛根にある器官の働きを抑制する効果があります。カシの一種から抽出される葉のエキスにも抑毛作用があり、毛を作るために必要な細胞が増えるのを抑制し、毛自体が新しく作られるのを防ぐ働きが有ります。また、パイナップルに含まれる酵素が毛母にあるタンパク質にダメージを与え、毛が育つのを防ぎます。

 

基本的に脱毛石鹸には、脱毛を促す作用の有る成分は含まれておらず、抑毛成分が多く含まれています。ですので、数回使っただけで効果を感じるのは難しく、継続して使うことが重要になります。この石鹼での脱毛を試みるよりも、サロンに通いながら一つの補助アイテムとして利用することをオススメします。

 

いかがでしたでしょうか。脱毛石鹸について少しはご理解いただけたでしょうか?

脱毛石鹸とサロンを上手く活用して、夏までにつるつるのお肌を目指しましょう!