4月2018

セルフ脱毛をするなら!! 脱毛する場所をしっかり洗いましょう!!

セルフ脱毛はリーズナブルにムダ毛を処理できる方法で女性の間でも人気ですが、その際に気を付けたいこととして、ばい菌をしっかりと石鹸で丁寧に洗うことが重要です。

自分で処理をするときにはつい手を抜いてしまいがちなポイントではありますが、お肌は意外にもばい菌がたくさんついているため、それを石鹸で丁寧に洗うことで、感染症を防ぐことに役立ちます。

毛抜きやシェーバーで処理をしていると、ばい菌が多い肌の場合化膿してしまったり様々な肌トラブルが起こることが考えられます。

自己処理をするときには必ず清潔な肌で行うことでそうした肌トラブルを未然に敷設ことが可能になります。

石鹸は固形でも液状でも構いませんし、最近では殺菌成分配合のボディソープなども販売されていますので、お肌のばい菌を除去してくれる洗浄力の優れたものを用意しておくと安心です。

間違っても汗をかいたばかりの肌を洗わずに脱毛や除毛するのは厳禁です。汗をかいた後の肌は雑菌がたくさんついている可能性があります。

そのまま除毛すると肌がトラブルを起こす原因にもなりかねませんので注意が必要です。

セルフ脱毛をする時には石鹸であらかじめ洗うことで感染症を防ぐことが出来ますので、施術を行う時には面倒でも綺麗にしてから行うようにしましょう。泡で出る石鹸なら簡単に洗えます。

セルフ脱毛をした後は!! 患部を冷やしましょう!!

脱毛サロンやエステに通って脱毛をするのはお金も時間もかかってしまうため、手軽に出来るセルフ脱毛を自宅でやっているという人は多いのではないでしょうか。

確かにセルフ脱毛は家庭用脱毛器を購入すれば、自分のペースで人に見られたりすることもなく手入れをすることが出来ますし、サロンに通うよりもずっと安く利用することができます。

また、勧誘をされたりするというのが嫌な人もそういった不快なことが無いので気持ちを楽にして利用することができます。
ですが、セルフ脱毛をする場合には注意が必要です。

セルフ脱毛は想像以上に皮膚に負担がかかっているのです。

家庭用脱毛器を使って脱毛をすると、光の出力がエステや脱毛サロンに比べて弱いとはいっても、肌は軽いやけどをしている状態に変わりはないので患部をしっかり冷やしてあげることが重要です。

これを怠ってしまうと肌トラブルに悩まされてしまいます。

色素沈着を引き起こしてしまったり、肌が炎症を起こしてしまったりすることがあります。

また、皮膚を冷やすのに冷却シートが楽ちんだからと冷却シートを利用する人がいますが、冷却シートは使わない方がいいです。

ただでさえ皮膚に負担がかかっている状態なのに冷却シートを使うことでかぶれる原因になってしまうためです。

なので保冷剤を使ったりセルフ脱毛をした後の冷却グッズを使用して、肌に負担をかけない方法で冷却するのが望ましいです。

セルフ脱毛をした後は!! 保湿ケアをしましょう!!

お金をなるべくかけずに脱毛をするならセルフ脱毛がおすすめですが、エステ脱毛と比べて肌にダメージを残しやすいです。

ダメージを最小限に抑えるためには保湿が大切なので、赤みが取れた後に化粧水やボディクリームなどの保湿剤を塗るケアをしてください。

脱毛後に入浴すれば自動保湿ができると考える方もいますが、入浴は肌を乾燥させてしまいます。

肌から皮脂を奪ってしまうので、入浴後が最も肌が乾燥しやすいのです。脱毛後の肌は敏感なので、湯船に浸かると炎症が起こりやすいデメリットもあります。

安全にセルフ脱毛をするなら入浴後がベストタイミングであり、毛穴が柔らかくなっているので痛みが軽減します。

脱毛後に何もしないと肌が炎症を起こすことが多く、特に翌日の肌状態が不安定になるので注意してください。

赤みが取れた後はほてりも解消しているので、化粧水やボディクリームなどの保湿剤を塗ることで水分と油分を与えましょう。

水分だけだとすぐに蒸発してしまうので、油分でフタをすることが大切です。

保湿することで肌のバリア機能を正常にし、肌トラブルを予防することができます。

すぐに肌が荒れてしまう人は肌免疫が低下している可能性があるため、普段から保湿を意識しましょう。

特にセルフ脱毛後の肌は敏感で乾燥しやすい状態にあるため、水分と油分の補給が欠かせません。

セルフ脱毛でケガしちゃった!! 早いうちに病院に行きましょう!!

セルフ脱毛は、自宅で好きな時にいつでもできるのがメリットです。

最近では簡単に自宅でも脱毛できる機械が売っているので、サロンや病院に行かなくても脱毛をすることができます。

しかし、セルフ脱毛には危険がたくさんあり取り返しのつかないトラブルを引き起こすことがあります。
よくあるのが、カミソリで誤って肌を傷つけてしまうトラブルです。

ちょっとした肌の凹凸にカミソリの刃が引っかかってしまったり、手元が狂い横滑りし肌を傷つけてしまうことがあります。

特に手の届きにくい場所は注意が必要です。万が一、傷ができたら洗うことが大切です。

その後、傷薬を塗ることをおすすめします。

またカミソリや毛抜きでのセルフ脱毛を続けていると、毛穴を傷つけてしまう恐れがあります。

ヒリヒリしたり赤くなったりした場合は、オロナインなどの軟膏を丁寧に塗ることで炎症を抑えることができます。

軟膏を塗っても赤みがあったり、痒みなどの症状があるときは皮膚炎の可能性もあります。

できるだけ早く病院に行きましょう。
肌に傷があったり、炎症を起こしている場合はセルフ脱毛は避けることが大切です。

無理やりセルフ脱毛を続けると、埋没毛や色素沈着などの肌トラブルの原因になってしまいます。

一度トラブルを引き起こすと、セルフ脱毛を続けている限り完治することはありません。

肌トラブルを避けるには、脱毛するのが一番安全で効果的です。

脱毛をこれから始める方へ注意点を解説

脱毛サロンで施術を受ける際の注意点はたくさんあります。

施術前に日焼け止めや制汗剤を使わない、施術当日は体温を上げるような行動はしない、施術前にムダ毛を剃って前処理をしておくなどがそれにあたります。ですので、その日の入浴は避けましょう。

 

アルコールを摂取したり激しい運動をしたりすることも避けましょう。

脱毛サロンでこれから脱毛をするなら夏より冬がオススメです。その理由は、日焼けをしていると施術が出来なくなってしまうからです。

 

夏は紫外線量が多いので日焼けしてしまいますが、施術当日は日焼け止めが使えません。

さらに、夏は汗の分泌が増えますが施術当日は制汗剤も使えません。その観点からも冬の方がオススメであると言えます。

 

サロンのフラッシュ脱毛は施術を始めてすぐに脱毛効果があらわれるものではありません。

ムダ毛が生え変わる周期に合わせて施術を繰り返していき、徐々にムダ毛の量を減らしていくという脱毛方法です。

 

ですので、夏から始めるよりも冬から始めて夏に備えるのがベストです。

冬は肌が乾燥しやすい季節です。肌の乾燥は脱毛の大敵となりますので、脱毛サロンに通っている期間中は日頃から積極的に保湿ケアをして肌の乾燥を防ぐことも大切です。