ブログ

医療レーザー脱毛のデメリットPart1

こんにちは、北堀江の脱毛サロン lapis-luceです。

前回の記事では医療脱毛のリスクについてご紹介いたしました。
今回の記事では、医療脱毛のデメリットについてご紹介いたします。

 

◇エステ脱毛よりも料金が高め

一般的に、エステ脱毛よりも医療脱毛の方が高価格に設定されています。
最近では安い脱毛クリニックも増えているため、部位によってはサロンよりもクリニックの方が安い場合もありますが、相対的には未だに医療脱毛の方が高くつくでしょう。
脇脱毛などは、特に脱毛サロンの方が安く設定されていることが多いですね。一度、値段を比較してみてください。

 

◇医療レーザー脱毛は痛みが強い

医療レーザー脱毛は効果も強い分、痛みも強めです。脱毛サロンの光脱毛は温かいくらいで、痛みはそんなに感じませんが、医療レーザー脱毛では熱い輪ゴムがバチンッと当たったような痛みがあると言われています。
最近では「痛みがほとんどない」や「痛みが少ない」とうたったレーザー機器もありますが、痛みの種類が違うだけで基本的にレーザー脱毛は痛い傾向にあります。

 

いかがでしたか?
今回の記事では、医療脱毛のデメリットについてご紹介いたしました。
次回の記事では引き続き、今回ご紹介しきれなかった医療脱毛のデメリットについてご紹介いたします。

エステ脱毛とどっちがいいの!?医療脱毛のメリット

こんにちは、北堀江の脱毛サロン lapis-luceです。

 

今回の記事では、医療脱毛のメリットについてご紹介いたします。

 

◇脱毛効果が高い

クリニックで使用される医療レーザー脱毛は、「医療機器」にあたります。

そのため高出力でレーザー照射できるため、一般的な脱毛サロンと比べ脱毛効果が高いことが特徴とされています。

その分、一般的な脱毛サロンよりも、通う回数と期間が少なくはなるでしょう。

特に細い毛の脱毛は、脇の毛などに比べると脱毛効果が薄いので、出力が弱い脱毛機器を使用している脱毛サロンでは、気の遠くなるほど長い時間がかかってしまうかもしれません。

 

◇医師がカウンセリングを行うので、安心感がある

やはり皮膚科は、知識のある専門医なので安心感はあるでしょう。

基本的には医師がカウンセリングを行いますが、看護師のカウンセリングのみのところもあるかもしれません。

不安であれば、事前にサイトを見て確認しておくと良いでしょう。

 

◇肌トラブルが起きた際に対応できる

脱毛を専門的に行っている皮膚科では、保証やサービスが充実しています。

たとえば肌トラブルが起きた際には薬の処方や診断は無料であるなどのアフターサービスが整っているクリニックが多いでしょう。

 

いかがでしたか?

次回は、医療脱毛のデメリットについてご紹介いたします。

医療脱毛とエステ脱毛、どちらがいいの?!

読者のみなさんこんにちは。
脱毛をしようとお考えの読者のみなさんのなかには、
「医療脱毛とエステ脱毛、どちらがいいのだろう?」
「何が違うかよくわからない」
などと、医療脱毛とエステ脱毛、どちらにするかお悩みの方もいらっしゃるかと思います。
そこで今回の記事から、医療脱毛とエステ脱毛の違いをご紹介していきます。

 

◇医療脱毛・エステ脱毛
医療脱毛は、文字通り医療機関で医師や看護師が施術する脱毛になります。
そしてエステ脱毛は、エステサロンでエスティシャンが施術する脱毛です。

 

◇医療脱毛とエステ脱毛の脱毛方法

医療機関では具体的に、「レーザー脱毛」と呼ばれる脱毛方式を用います。

これは医療機関でしか使うことが出来ないケースが多く、効果も強烈にはなっています。
一方、エステ脱毛では「フラッシュ脱毛」と呼ばれる脱毛方式がメインになります。こちらは脱毛サロンごとに名称は異なるものの、基本的な仕組みはほぼ同じです。

 

こちらも効果がないわけではなく、エステ脱毛で脱毛を完了させている女性もたくさんいらっしゃいます。

それでは結局、どちらの方がいいのでしょうか?

次回の記事も引き続き、他の観点から医療脱毛とエステ脱毛の違いについてご紹介いたします。

意外と知らない?!脱毛サロンのジェルの役割

実際に脱毛サロンに行ったことがある人や、施術の写真を見たことある人はご存知かと思いますが、施術前に脱毛する箇所にジェルを塗りますよね。
そのジェルは何のために塗っているのかご存知ですか。
理由は大きく分けて2つあり、ジェルで保湿して熱から保護するためと、肌表面を冷やすためです。

 

施術前にジェルを塗って保湿をすることで、マシンが毛根を破壊するために発する熱から肌を保護してくれます。これにより肌へのダメージを極力抑えることができ、痛みも最小限に抑えることができます。
もう1つの理由の肌表面を冷やす冷却効果も、大切な役割を担っています。

 

肌にジェルを塗らずに水分が不足した状態で施術を行った場合、レーザーの熱に肌が負けてしまい、痛みを強く感じたりヤケドしたりしてしまいます。
施術中に保護してくれるのはもちろんのこと、脱毛後の肌荒れを防ぐ効果もあります。
ジェルの要らないタイプの脱毛機もあるのですが、このタイプのものは脱毛機自体に冷却機能が備わっていたり、ジェルの代わりの冷却材で冷やしたりします。

 

これだとジェルを使用しないので、料金が多少安くなりその分時間も短くなるのが最大の魅力ですが、もし十分に肌が冷えていないまま施術を受けると、ヤケドや肌荒れなどのトラブルへと発展してしまう可能性があります。
また、ジェルを塗らない脱毛サロンはジェルを塗るサロンに比べると痛みが強いようです。

 

ジェルはヒヤリと冷たくて、塗るときは多少辛いですが、背術中の痛みはほぼ無いと言って良いでしょう。
体へのストレスを考えると、ジェルを塗るサロンの方は一瞬で冷たく感じるだけなのでオススメです。

アトピー肌だけど脱毛しても大丈夫?!

読者のみなさんこんにちは。
「脱毛したいけれど、アトピー肌だからできないのではないか?」
「脱毛してアトピーが悪化しないのか?」
など、アトピー肌で脱毛をお考えの方々の中には、お悩みの人もいらっしゃるかと思います。

 

そこで今回の記事では、アトピー肌でお悩みの方でも脱毛できるのかどうか?についてお答えします。
結論から言うと、アトピー肌でも脱毛はできます。
むしろアトピーの症状がある人は、剃ったり抜いたりといった自己処理で肌を痛め続けずに、早く脱毛に切り替えることをオススメします。

 

特にアトピー肌の方は皮膚にダメージを蓄積しやすいので、毛穴がブツブツになったり、色素沈着を起こしたりして肌が黒ずんでしまうこともあります。そうなる前に、脱毛して自己処理を卒業するのがオススメです。

 

◆色素沈着とは

強い刺激を受け続けることで肌が黒ずんでしまうことです。

肌を守るためにメラニン色素が作られることで起こります。

無理な自己処理を繰り返した部位のほか、下着とこすれる股やアンダーバストでも起こりやすいです。

「アトピーだから脱毛には通えない」と思い込み、無理な自己処理で肌が荒れているみなさん、この機会に脱毛にいきましょう!

肌は大丈夫?カミソリの与えるダメージとは│北堀江の脱毛サロン

こんにちは、北堀江の脱毛サロンlapis-luceです。
ムダ毛処理の方法として最も多く用いられているのがカミソリによる処理だと思います。
しかし、カミソリによる処理ではどうしても頻繁に行わなければならないことも多く、気づいたら肌が荒れてしまった…なんてことも多いのではないでしょうか?
今回はカミソリが与える肌のダメージについてお話ししたいと思います。

 

■肌荒れや炎症の原因に

ムダ毛のお手入れの際、よく起こるのがカミソリ負けですよね。
安価なカミソリを使用していたり、カミソリの刃を交換していないことが原因とされていますが、劣化したカミソリを使用すると、肌には大きなダメージが加わります。
その結果、炎症を起こしてしまい、肌荒れやかゆみへと繋がってしますのです。

 

■脱毛のすすめ

肌が露出する季節には、ムダ毛ケアは必須となりますが、頻繁なカミソリによる処理ではダメージを抑えることは出来ません!
毎日のお手入れから解放されたいという方には、プロによる施術をおすすめします!

 

いかがでしたか?

毎日のムダ毛処理は女性にとってとても大変なものですよね。
これ以上肌を傷めないためにも、サロンでの脱毛を検討してみてはいかがでしょうか?

脱毛が一番効果的な時期とは?

こんにちは。脱毛サロン 北堀江です。
脱毛を行うベストな期間があるのはご存知ですが?例えば春になると気温も暖かくなり、短い服や半袖を着ますよね。夏になると肩が見える服を着る人も増えるかと思います。ではいつ頃に脱毛を行うのが効果が出始め、またコスト的にもお得なのでしょうか?意外と知られていないのですが実は冬の時期なんです。

 

◦効果が出るのが半年から1年?

脱毛の効果が全面的に効いてくるのはおよそ半年から1年といわれています。

夏にやってすぐに効果が出るといったわけではないので、注意が必要です。

 

◦キャンペーンが豊富で予約が取りやすい?

夏になると自然とお客様が冬に比べると増えます。逆に冬になると長袖やコートを羽織るので目に見える毛をそる人が少なくなります。

ですのでお客様の来店数が少なくなり、お店はお客様の確保のためキャンペーンを多くする傾向にあります。

予約が取りやすい時期としては、11、12月が良いといわれています。

やはり夏にお客様が集中するため、夏に比べるとどうしても少なくなります。

 

いかがでしたか?

意外と知らない人も多いかと思いますが、これからの脱毛人生に役立ててもらえれば幸いです。

怠ってない?脱毛後の正しいアフターケアとは?

ムダ毛の一般的な処理方法として、カミソリ・毛抜き・脱毛クリームなどがある中、最近では脱毛サロンもよりリーズナブルになり身近な処理方法となってきました。しかし、その手軽さ故に、処理後のアフターケアを怠っている人が多くいます。アフターケアを怠ると、肌にかなりの悪影響を与えてしまいます。ということで今回は、脱毛後の正しいアフターケアについてお話しします。

 

まず、施行を終えると、サロン側から脱毛直後の注意点などが伝えられると思うので、もちろんその指示に従った上で、脱毛後のアフターケアを行うことが重要となります。家に帰って一番にしてほしいのが、脱毛部分の徹底保湿です。レーザーや光を受けると、肌はかなりのダメージを受け、水分が失われた状態となっています。

 

乾燥したまま放っておくと、赤みが引きにくくなったり、痒みの原因になったりするので、しっかり保湿しましょう。保湿には高価なものを使う必要は無く、シンプルな保湿クリームなどで全く問題有りません。そして、脱毛した直後の肌はかなりのダメージを負っているので、過剰な刺激を与えてしまわないように気をつけましょう。日焼けや、暑すぎるお湯での入浴は要注意です。

 

また、脱毛後のケアだけでなく、日頃から乾燥を防ぐことで、施行時の痛みを軽減することができ、水分をたくさん含んだ健康的な肌は、レーザーや光をよく通し、効果が出やくなります。

 

いかがでしたか?脱毛でダメージを受けている肌をきちんといたわってあげることで、ダメージを最小限に抑えることができます。以上のことに気を付けて、ムダ毛のないツルツルなお肌になりましょう。

ムダ毛の石鹸って何?その効果って?

最近、よく取り上げられている脱毛石鹸。体を洗いながらムダ毛ケアができると言いますが、果たして本当に効果が有るのでしょうか?
ということで、本日は脱毛石鹸について掘り下げていきたいと思います。

 

まず、なぜ石鹸で脱毛ができるかというと、石鹸にはムダ毛を抑える抑毛効果の有る成分が含まれているからです。抑毛成分で代表的なのは、大豆に含まれるイソフラボンです。イソフラボンが、毛包という毛根にある器官の働きを抑制する効果があります。カシの一種から抽出される葉のエキスにも抑毛作用があり、毛を作るために必要な細胞が増えるのを抑制し、毛自体が新しく作られるのを防ぐ働きが有ります。また、パイナップルに含まれる酵素が毛母にあるタンパク質にダメージを与え、毛が育つのを防ぎます。

 

基本的に脱毛石鹸には、脱毛を促す作用の有る成分は含まれておらず、抑毛成分が多く含まれています。ですので、数回使っただけで効果を感じるのは難しく、継続して使うことが重要になります。この石鹼での脱毛を試みるよりも、サロンに通いながら一つの補助アイテムとして利用することをオススメします。

 

いかがでしたでしょうか。脱毛石鹸について少しはご理解いただけたでしょうか?

脱毛石鹸とサロンを上手く活用して、夏までにつるつるのお肌を目指しましょう!

毛周期っていったい何?<毛周期に合わせた照射のタイミングとは>

前回は、一般的なレーザーや光脱毛では「退行期」や「休止期」の毛に当てても効果が無いというお話ししました。では、どれぐらいの期間を開けて照射するのが良いのでしょうか?今回は、レーザーや光脱毛をする上で知っておきたい、毛周期に合わせた照射についてお話しします。

 

前回も少しお話ししましたが、毛周期を無視した照射はお肌にダメージを与えてしまいます。退行期の毛に光やレーザーを与えても、毛乳頭には熱が届きません。そして、休止期には毛が無いのでお肌を傷つけてしまいます。ですので、毛周期に合わせた照射が、肌への負担を少なくより効果的に脱毛する上で大切となります。

 

基本的に、レーザーのクリニックでは、毛が生え揃うタイミングで照射を行うのが良いとされていて、脱毛サロンは1〜3か月に1回が良いとされています。脱毛サロンは、低コストなところや予約が取りにくいところもあるので、ちゃんと3か月後には確実に予約が取れるのか、聞いておくのも良いでしょう。

 

いかがでしたか?効率的に効果を感じるためにも毛周期は重要で、毛周期を無視してしまうと無駄な時間や費用がかかってしまいます。しかし、ラピスルーチェでは、毛周期に関係無く効果を発揮するので、効果的に短い期間で脱毛することが可能です。もし、この記事で興味を持たれたなら、一度ご相談下さい。